健康な生活を実現したい|狭いスペースもオシャレに活用したいならデザイン住宅を検討しよう

狭いスペースもオシャレに活用したいならデザイン住宅を検討しよう

健康な生活を実現したい

模型

天然木の家が人気です

日本国内で建てられている戸建て住宅の多くが木造住宅ですが、国内産の天然木だけで建てられている家はそう多くありません。日本の林業が衰退の一途をたどっている影響で、国内産木材の価格が高騰しています。国内産の天然木だけで戸建て住宅を建てようとすると資材費がかかりすぎてしまうため、建売住宅は輸入木材を使って建てるのが当たり前になっています。輸入木材が全部ダメというわけではありませんが、天然木をそのまま用いるのではなく、接着剤で固めた合板が用いられることが多いため、アレルギー反応が出てしまう人が少なくありません。また、日本で育った木ではないので、日本の気候には合わないというデメリットもあります。しかし、どうせ戸建て住宅を建てるのなら、長く快適に暮らし続けられる良い家にしたいと考えるのは、至極当然のことです。浜松にはそのような望みを確実に叶えてくれる建築業者がいます。国内産の天然木だけを使って家を建ててくれるので、浜松市内だけでなく、浜松市外からも数多くの注文が寄せられています。

森林浴気分が味わえます

天然の木材には、工場生産された合板にはない、独特の風合いや味わいがあります。接着剤が一切使われていませんので、嫌な臭いが全くしません。それどころか、家全体に木の良い香りが充満するため、自宅で森林浴気分を味わうことができるようになります。また、木自体が呼吸するので、室内の空気が清浄に保たれますし、調湿効果も得られます。肉眼で見ることはできませんが、木材には小さな孔が無数に開いています。この孔が、空気中を浮遊している有害物質を吸着してくれると同時に、余分な湿気も吸い取ってくれます。接着剤でこの孔が塞がれてしまっている工場生産の木材に、同様の効果を期待することはできません。天然木ならではの特質ですから、多少費用が高くついてしまったとしても、損をしたと感じる人はほとんどいません。住んでいるだけで健康な体になることができるため、浜松では国内産天然木で作る戸建て住宅が大人気になっています。